疾病の予防のために昼寝をするのが良いと言われています。健康のためには、15分ほどにとどめます。

これで安心 怖ろしい三大疾病を予防するために
これで安心 怖ろしい三大疾病を予防するために
これで安心 怖ろしい三大疾病を予防するために

疾病予防で健康によいこととして適度な昼寝

大人で昼寝をするといいますと、あまり表向きにはいうことができないかもしれません。仕事中だとサボっているように思われます。
営業担当者などは、外回りで時間が開いた時など、公園でうとうとしてしまうことがあります。
その後の商談がうまくいけば良いですが、そのために遅れたとなると大問題になります。
社内にいる人などはとても昼寝をする時間はありません。昼の2時頃になってくると眠くなってきますから、それに耐えるのに必死のことがあります。

昼寝については、疾病予防として見直されていると聞いたことがあります。
昼間に眠たくなるのは誰でも起きることのようです。

その時、適度に眠ることで、脳をスッキリさせることができます。
健康のためにはどれくらい眠るのが良いかです。

1時間ほどしっかり眠ると気持ちよさそうです。

しかし、それは良くないそうです。

眠るとしても、15分程度にしておいたほうが良いとのことです。

15分眠るだけでも、かなりスッキリするのがわかります。

長い時間の昼寝が何故良くないかです。

それは夜の睡眠に影響することがあるからのようです。

昼間に寝過ぎると、夜に眠たくなりにくくなり、睡眠の障害につながりやすくなります。
ある学校においては、自分の席で、昼休みを利用して昼寝を実践していると聞きました。
また、企業においても1日に15分だけ、仕事時間中に昼寝をすることが許可されているところがありました。
能率アップの効果が期待されたので、更に継続しているそうです。

比べてお得!

Copyright (C)2017これで安心 怖ろしい三大疾病を予防するために.All rights reserved.